気ままな放浪女子 ユキマルコロク

大人女子へのスキルアップや趣味のあれこれを楽しむブログ

アラサーでお金がないと思うならまず何をすべきか。

  f:id:xiangnaihuil22:20190826140811p:plain

人生の中でアラサー(25~35歳)はライフスタイルが大きく変わりやすい時期ですよね。

 

そしてどのライフスタイルの変化にも1番関わってくる問題が、お金です。

 

中には、

給料少ないのに出費は多いし、全然お金なんて貯まんないよ…!

と頭をかかえる人もいるかと思います。

 

この記事はそんなお金がない! ヤバい! どうする!? と思うアラサーへお送りします。

 

内容としては

  • アラサーでお金がないのは「貯める理由」がはっきりしてないから
  • お金がないのが嫌なら、まずするべきこと

 

の2つです。

 

それでは以下から詳しく紹介していきます。 

 

 

 

アラサーでお金がないのは「貯める理由」がはっきりしてないから

ライフスタイルの変化に遭遇するアラサーたちに突然やってくる「やばい! お金がない!」といった状況。

 

そんな言葉が思わず出ちゃう状況の代表例としては、

  • 恋人ができた
  • 結婚を考えるようになった
  • 今の会社が辛くて転職したい

 

などのライフスタイルの変化がちらついたときが考えられます。

 

もちろん、将来のことを考えて若いころからコツコツ貯めている人もいますし、

 

欲しいもの・行きたいところがあって貯めている人もいるかと思います。

 

しかし、単純に収入が少なくて毎日の生活でいっぱいいっぱいの人や、収入はあっても貯金まではしてない人にとっては別の話。

 

貯めなきゃならない理由とか不安をはっきり自覚して、はじめて焦ってしまうんですね。  

 

あわせて読む!

www.yukimaruko.com

 

お金がないのが嫌なら、まずするべきこと

じゃあ「お金がない!」って焦ったままでいいの? って話になります。

 

いいわけないですよね。お金がないのはやっぱり困るし、嫌ですもん。

 

貯める理由ははっきりしてるし、お金がないなら増やせばいいと言うのは簡単。

 

でもまずは身近で手をつけやすいところからはじめていくのがベストな方法です。

 

毎月の支出を見直してムダを把握する

計算とか苦手だから、とアラサーになってまでどんぶり勘定でいたらマズいです。

 

はじめから家計簿をきれいにつけなくてもいいので、今の自分の収入と出費をノートなどに書き出します。

 

毎月どれだけの光熱費・食費・通信費などがわかると、これらを今より下げられないか考えるきっかけになります。

 

支出を見直してムダを減らすだけでも、お金を貯めやすくするのに効果的です。 

 

同時にお金の勉強をする

お金についてどれだけの知識がありますか?

 

大人になってつくづく思うのは、子供のときにもっとお金について学んでおきたかったということです。

 

学校でも家でもきちんと教えてはくれませんでしたしね。

 

とはいえ、あの頃の自分にお金について学ぶ意欲があったかどうか分かりませんけど……

 

まあそんなことを気にしてもしょうがないです。

 

大人になったからこそ気づくこともいっぱいあるし、気づいたときが学びどき! 

 

遅いなんてことはないので、今からでもお金の勉強をはじめましょう。

 

お金についてのあれこれを知っていると、アラサーにとってもかなりの強みになります。

 

 

あわせて読む!

www.yukimaruko.com

 

収入を増やす方法を考える

出費を減らすことは必要ですが、収入は変わらないので増やすことも考える必要があります。

 

単純に今の収入を上げるには、

  • 給料のいいところに転職する
  • 専門スキルを習得して給料アップを狙う
  • 本業とは別に副業を始める

 

といった方法が考えられます。

 

アラサーだと勢いだけで進めなくなる境目に入るころかと思います。新しく何かを始める一歩に勇気がいる歳にいつの間にかなっているんですね。

 

ただ現状維持のままでは収入が増えないことも事実です。

 

収入を増やしたいと思うなら、どうすれば収入が上がるのか・自分にあった方法とは何かを具体的に考えてみるのが有効ですよ。 

 

 


 

若いうちは貯金が少ないのが普通といっても、今の世の中で全くないままでいるのはさすがに将来の不安が大きいです。

 

お金はあっても困りませんが、お金がないのはやっぱり困るもの。

 

お金がない! ヤバい! と思ってからがはじまりだっていいんです。

 

支出を見直して、お金の勉強をはじめて、収入を増やすことを考える……

 

少しずつでもこれらが出来たなら、新たな一歩は確実に踏み出せていますよ!