気ままな放浪女子 ユキマルコロク

大人女子へのスキルアップや趣味のあれこれを楽しむブログ

習い事としての「着付け」が気になる人が知っておくといいこと。

  f:id:xiangnaihuil22:20190818172452p:plain

今の時代、着物の着付けを知らなくても困らないのが普通ですよね。

 

そうは言っても女性の習い事として着物の着付けを習いたいという人は意外と多いんです。

 

とはいえ、

着付けを習って何の役に立つの?

と疑問に思う人もいるかと思います。

 

この記事はそんな習い事として着物の着付けが気になる人へお送りします。

 

内容としては

  • 着物の着付けを覚えれば自信につながる
  • 着付けを知っていれば着崩れたときに恥ずかしい思いをしない

 

の2つです。

 

それでは以下から詳しく紹介していきます。 

 

 

着物の着付けを覚えると自信につながる

現代人にとって、着物は特別な日に着る特別なものというイメージが強いですよね。

 

伝統・上品さ・高級感といったイメージが、着た人の身を引き締め、着物を特別なものに引き立てているのだと思います。

 

めったに着る機会のない着物を自分1人でキレイに着ることが出来るのなら、それはもう1つの特技になります。

 

女性として自分で着付けが出来るって、かなりの自信になるものです。

 

 

着付けを知ってれば着崩れても恥ずかしい思いをしない

着物を着る機会は少ないと言っても、若い女性なら浴衣を着てみたいと思う機会は多いはず。

 

今は簡単に着られる浴衣もあるとはいえ、着物の着付けを知っていれば着崩れてしまった浴衣を自分で直すことも可能なのです。

 

夏のお祭りに浴衣を着て楽しんでいる女の子が、祭りの終わりには胸元や裾がズレてしまっているのを見かけたことありませんか?

 

せっかくの素敵な浴衣姿がとても残念な感じになってしまってるんですね。

 

着物でも、日中に着物をレンタルして観光するサービスもあります。

 

あちこち動き回る中でズレた部分を自分で直せる技術を知っておくだけで、恥ずかしい思いをしなくて済むことを覚えておきたいですね。 

 

 


 

いかがでしたか?

 

着付けを覚えるのは難しそうといっても、着物は多くの人を惹きつける魅力があります。

 

確かに着る機会は多くはないかもしれませんが、

 

着物を美しくキレイに着られる方法を習っておくことは、けして損にはならないことだと思います。

 

今回は、習い事としての「着付け」が気になる人が知っておくといいことをまとめました。

 

ぜひ参考にしてみてください!