ユキマルコロク

インドア好きの雑記ブログ。食やライフスタイルに関するものが多めです。

キャロットケーキをできる限りヘルシーにしてみる工夫。

f:id:xiangnaihuil22:20210130173651p:plain

 

キャロットケーキは名前からヘルシーなイメージがありますが、基本のレシピには「小麦粉・バター・砂糖」などが入っているものが多いです。

 

おいしいけど、カロリーが気になってしまうという人もいると思います。

そこで、基本のレシピを元にヘルシーな材料に変更できそうなところを考えてみました。

 

この記事では、キャロットケーキの基本のレシピに入っているものを元にヘルシーな材料の置き換えアイデアを紹介します。

 

 

 

キャロットケーキとは?

 

名前のまんま、ニンジンを混ぜ込んで焼いたケーキです。

 

有名なのはイギリスの伝統的なケーキとしてですが、今では国ごとに違った特徴のあるキャロットケーキが作られています。

 

混ぜ込むニンジンはすりおろしたものを使います。

 

 

キャロットケーキの基本レシピでヘルシーな材料に変えられるところ

 

基本のキャロットケーキのレシピに入っているものの例
  • ニンジン
  • くるみなどのナッツ類
  • レーズン
  • 薄力粉
  • ベーキングパウダー
  • 砂糖
  • バター
  • シナモンなどの香辛料

 

キャロットケーキの基本のレシピでは、上記のような材料が入っています。

 

お菓子はレシピに忠実に作れば失敗しづらいものですが、ここではあえて材料をヘルシーなものに変えることで、カロリーを抑えたものをめざします。

 

キャロットケーキのようなお菓子の場合は、ベースとなる生地の材料をヘルシーなものに変更しやすいです。

 

  • 薄力粉→米粉、全粒粉など
  • 砂糖→きび砂糖、はちみつなど
  • バター→サラダ油、太白油など

 

これらは他のお菓子でも変えやすい材料になります。

 

とはいえ、基本のレシピで作ったものとは味や香り・食感が変わってくるので注意が必要です。「美味しさ」を取るか「ヘルシーさ」を取るか、そのときどきで選択していきましょう。

 

 

(番外編)キャロットケーキの飾りつけもヘルシーにしてみる

 

キャロットケーキは、特にアメリカタイプのものは焼きあがった生地の上にチーズフィリングをかけます。

他にもニンジンの形に成形したマジパンを飾ったり、ナッツやレーズンを飾ったりして完成となります。

 

上記のようなキャロットケーキの飾りつけは見栄えがいい分、カロリーも高くなりがちです。

 

そこまで見栄えを求めていない場合は、「なかない粉糖」などで飾りつける程度に抑えるのもいいと思います。

 

 

キャロットケーキ以外にもヘルシーな材料を別のお菓子に使ってみるのもあり

 

キャロットケーキは栄養があるニンジンを手軽にとれるお菓子でもあるので、ニンジンが苦手な人にもおすすめしたいお菓子です。

 

最近では健康志向やグルテンフリーのお菓子も注目されています。

 

今回紹介したベースとなる生地の材料は(薄力粉・砂糖・バター)などは、ヘルシーな材料に置き換えしやすいものです。

 

キャロットケーキや他のお菓子を作る際には、ぜひ置き換えアイデアを参考にしてみてください。