気ままな放浪女子

~【腹は痛いが人生は楽しく!】がモットーの雑記ブログ~

【女性必見】人気のハーバリウムで資格を取るには?【趣味を稼げるスキルに】  

  f:id:xiangnaihuil22:20180707215318p:plain

今は自分の好きなこと・得意なことが収入に繋がりやすい時代。

趣味がこうじて、ハンドメイドグッズがなかなかいい収入源になっている人もいます。

 

そんなハンドメイドの中でもおしゃれで人気があるのがハーバリウムです。

 

ハーバリウムを作ったり教室を開いたりするのに資格はいりませんが、すでに趣味にしている人や興味がある人は資格を取っておいて損はないと思います。

 

というわけで今回は、女性に人気のハーバリウムを専門的に習ったり、資格を取ったりする方法をまとめました。

 

ハーバリウムを習うには?

  f:id:xiangnaihuil22:20180707225240j:plain

ネットや動画サイト、専門の書籍で勉強する

現在のような情報が溢れている社会では、欲しいと思った知識は意外と簡単に手に入ります。

ですがネットで情報を見つける場合には、鮮度や情報の真偽、内容の良し悪しを見極めなければならないので注意が必要です。

 

メリット

  • 知りたい知識が簡単に手に入る
  • 自分のペースで勉強出来る
  • 止めたいときに止められる
  • 簡単な知識を得るのにお金はほとんどかからない

 

デメリット

  • 独学だと限界がある
  • スケジュール管理が苦手だと勉強時間を後回しにしてしまうかも
  • 材料集めの手間、材料費がかかる

 

スクールや教室に通う

 大手のカルチャースクールだけでなく、個人で教室を開いているところもあります。やはり都市部は圧倒的に多く、講座内容は多種多様。しかしながら初心者にも優しく楽しめるのが魅力です。

 

メリット

  • 直接プロから手取り足取り教えてもらえる
  • 多くの花材が用意されている
  • 自分と同じハーバリウム好き仲間と知り合える
  • 資格を取得できる教室もある
  •  親子で参加出来るところもある(夏休みの自由研究、思い出に)

 

デメリット

  • 自分のペースで学べない
  • 前もって予約しないといけない(数回学ぶ場合、予定が合わないことも)
  • 口コミはあるが初心者はどの教室を選べばいいか迷う
  • 講座代とは別に材料費を払うところもある

 

通信講座を受講する 

地方に住んでいて近くにスクールや教室がない場合や、何よりも自分のペースでしっかりハーバリウムを学びたいときに選択したい手段。

 

メリット

  • 自分のペースで勉強できる
  • 講座の予約をしなくていい
  • 用意しなくても教材が送られてくる
  • 自宅にいながらプロの技術を学べて資格も取れる
  • 疑問にはメールや電話で問い合わせ出来る

 

デメリット

  • 疑問が解消されるまで時間差がある
  • 直接講師のアドバイスが受けられない
  • 途中でやる気がなくなる可能性がある
  • 1人で学ぶのでセンスが磨かれにくい
  • 仲間が出来ない

  

自分にはどれが合ってる?

ハーバリウムを学ぶ方法にはそれぞれにメリットとデメリットがあることが分かりました。

 

趣味で完結させるなら独学でも充分楽しめますが、「ハーバリウムについてもっと詳しく知りたい!」「売り物のようにキレイに作りたい!」という欲求があるなら直接プロに学ぶことで解決が可能です。

 

しかし、地方に住んでいる方や勢いでスクールや講座に飛び込むのはちょっとハードルが高いという人もいるはず……!

 

そんな方にはハーバリウムの通信講座がおすすめ

いくつかある通信講座の中でもおすすめしたいのが、「日本パーツビューティーアカデミー」ハーバリウム資格取得講座」です。

 

 

こちらはすべてのレッスンを修了するとハーバリウム認定講師資格」というものが取得できます。

 

送られてくる教材からプロの技術を学べるだけでなく、多くの受講生を輩出しているという実績は安心感があります。

 

 資料請求は無料なので、自分の学びたいことが学べるのか確認してみるのもいいと思いますよ。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

自分のスキルが収入の差につながる事実は無視できないものです。

 

どこで自分の仕事につながるか分かりませんし、将来的に独立開業を考えているならなおのこと。

資格という肩書きがあれば、生徒を集めて教えるときの大事な説得力になりますよ。

 

 今回は女性に人気のハーバリウムを専門的に習ったり、資格を取ったりする方法をまとめました。

 

 ぜひ、参考にしてみてくださいね!