気ままな放浪女子

~【腹は痛いが人生は楽しく!】がモットーの雑記ブログ~

クローン病の原因と症状! 私の場合はこれだ!

  f:id:xiangnaihuil22:20180716132115p:plain

「腹は痛いが人生を楽しく!」というモットーを掲げている私は国の難病指定にもなっているクローン病患者。

 

病名の確定診断がされてからは5年ほどですが、その3倍は腹痛人生を歩いてきました。

これからその経験とか考えたこととかを、記事にしていこうと思います。 

 

今回は手始めに、クローン病についての簡単な説明と私の場合とをまとめてみました。

 

そもそもクローン病とは?

簡単に言うと、口から肛門までの消化器官に慢性的な炎症をおこす病気。

 

クローン病とは、口腔内、小腸、大腸など、消化管のいたるところに慢性的な炎症をきたす病気です。潰瘍性大腸炎とならび、代表的な炎症性腸疾患の一つとして知られています。

引用:メディカルノート

 

10代や20代といった若い年齢で発症してしまう人が多く、割合としては男性の方が女性よりも多いというのも特徴の1つ。

 

私が今思い出してみて、あれがクローン病のはじまりだったのかなと思う症状は「キリキリとした慢性的なみぞおちの痛み」「口臭」です。

 

時期は高校受験を控えた15歳(中3)の秋ごろ。

「みぞおちの痛み=胃の痛み=単なる受験のストレスかな」と思い、病院に行くなんて考えもしませんでした。

 

それよりも嫌だったのは思春期真っ直中での「口臭」ですね。

はじめは自分でも分からなかったんですが、母親に指摘されたときはもうショックで。

こまめに歯磨きしてマウスウォッシュもして気をつけているのに、どうも臭う。

 

今思えば、あれが内臓が発している病気のサインだったんだと思います。 

 

発症する原因と症状

クローン病は国の特定疾患として難病に指定されていて、いくつか原因となる説も発表されていますが、現在もはっきりした原因は分かっていません。

 

クローン病の発症メカニズムは、2017年現在、完全にわかっているわけではありません。しかし、遺伝的な要因や環境要因、腸内細菌叢 (ちょうないさんきんそう) の変化などが複雑に絡み合い、異常な免疫応答を引き起こした結果、消化管の炎症が起こると考えられています。

引用:メディカルノート

 

家族や近い親戚にクローン病の人はいないので、私の場合は遺伝的な関係はないのかなと思ってます。

 

そしてクローン病の基本的な症状は、主に慢性的な腹痛と下痢です。

他にも食欲不振・体重減少や全身のだるさ、口内炎や貧血などがありますが、症状の程度や有無は個人差があります。 

 

私は今のところ、薬や点滴などである程度の症状をコントロール出来ていますが、この慢性的な腹痛下痢が地味にツライ……!

 

結局、食事には(不良患者なので出来るだけ)気をつけないといけないし、外出するときは特にトイレの心配は避けて通れません。

 

食事やトイレを気にしながらの生活は、結果的に交友関係が狭くなりがちなのも辛いところです。

 

おわりに

というわけで、これからこんな感じで雑記ブログの片隅に「クローン病」患者としての記事もまとめていこうと思います。

 

今回は手始めに、クローン病についての簡単な説明と私の場合とをまとめてみました。

 

それではまた!