気ままな放浪女子

~アラサーが女子を名乗りつつ人生を楽しく放浪する雑記ブログ~

【しっとりふわふわ】ロールケーキを共立てで作る3つのポイント

 皆さんは、「ロールケーキ」は好きですか?

 

     f:id:xiangnaihuil22:20180202201201j:plain

 

 プロが作った美味しい「ロールケーキ」を買い求めにいくのもいいですが、自分で作って出来たてをいただくのもいいと思います。

 

  しっとりしてふわふわなスポンジと生クリームのハーモニー……そこにフレッシュなフルーツを好きなだけ合わせたら、もう最高ですよね?

 

 今回はしっとりふわふわにするなら共立て! で作る「ロールケーキ」のポイントを3つ紹介したいと思います。

 

 

 

 

ポイント1 卵はリボン状になるまで混ぜる

 卵を全卵のまま使う「共立て」の場合、ポイントになるのがリボン状です。

 

 全卵とグラニュー糖を軽くもったりするくらいまで混ぜたら、途中で湯せんにかけつつ「の」の字が出来るまで混ぜます。(ハンドミキサー推奨です!)

 

 そこからは湯せんを外し、ミキサーで生地を持ち上げたときに折り重なるように落ちたらオッケーです。この状態がリボン状になります。

 

 ふるった薄力粉をゴムべらで混ぜる工程に移りましょう。(ボールの底から切るように混ぜます)

  

 

ポイント2 手数を抑えて型に流し込む

 薄力粉を加える工程に移るまでに注意したいのが、「混ぜすぎないようにする」ということです。

 

 

 生地に触れている=混ぜていることになります!

 

 

 つまりは、「ロールケーキ」の平たい型に流してヘラで伸ばしている作業も生地に触れているので混ぜているということになってしまうのです。

 

 ですので、型に生地を流す工程では表面をならそうとして触りすぎないように気をつけましょう。

 

 

ポイント3 焼く前にトントン空気抜き

 あらかじめ温めていたオーブンで焼く前に大事なのは、生地内の空気を抜くことです。

 

 少し高い位置から型をテーブルに落として空気を抜きましょう。これは、焼き縮み防止焼き上がった生地に気泡が出来て穴ぼこになってしまうのを防ぐためです。

 

 

 ※焼き上がっても、すぐにスポンジ生地を使わない場合はケーキクーラーで冷ますのと同時に乾燥しないようにラップで軽く包みましょう。

 

 あとは生クリームを敷いて、好きなフルーツを並べてくるくる巻くだけです。

 

まとめ

 いかがでしたか?

 

 共立てで作るロールケーキの3つのポイントは

 

1.卵はリボン状になるまで混ぜる

2.手数を抑えて型に流し込む

3.焼く前にトントン空気抜き

 

 ですよ。

 

 これでいつでもしっとりふわふわな「ロールケーキ」を味わえますね。

 

 ぜひ、参考にしてみてください。

 

 それではまた!

 

ロールケーキの参考になるレシピサイトを紹介

matome.naver.jp