気ままな放浪女子 ユキマルコロク

大人な女子を目指しながら好きなことを楽しむブログ

「幼いおばさん」という言葉に精神的ダメージを地味に負った話。

  f:id:xiangnaihuil22:20191103160809p:plain

 

先日、偶然目にした「幼いおばさん」という言葉。

 

アラサーの自分としては、なかなか胸に刺さる言葉だなぁと思いました。

 

「幼いおばさん」というのは他人からみた評価なので、自分では確かめようもないんですが、そういう評価をされたときにはショックで膝をつきそう。

 

「おばさん」という評価はいいんですよ。事実ですからね。

 

自分で言うときは状況によって「おねえさん」という呼称も使い分けますしね、もちろん。

 

 

ただまぁ「幼い」ってつくだけでこの言葉は精神的ダメージが地味にくる……

 

 

「成長してない」とか「子供っぽい」っていうのと一緒なんでしょうね。まぁ、周りの評価を気にしすぎてもしょうがないんですけどね。

 

少し前から言われている「子供部屋おじさん(おばさん)」に通ずるものがある気がします。

 

でも、「少年(少女)の心を持った人」という表現にはあまりダメージがないのはなぜなんでしょうね?

 

きっと相手が「引く」か「かわいい」かと思う違いなのかも。

 

……

 

結論:年相応に成長していくことも大事だけど、かわいいも大事。

 

 

「幼いおばさん」から始まって「かわいいは最強」という話でした。

 

 

短いけど以上! それではまた。