気ままな放浪女子

~アラサーが女子を名乗りつつ人生を楽しく放浪する雑記ブログ~

【映画レビュー】ホリデイ

ナンシー・マイヤーズ監督の「ホリデイ」。

 

キャメロン・ディアスケイト・ウィンスレットのW主演で、 クリスマス休暇などの長い休みに互いの家を交換して生活する「ホーム・エクスチェンジ」をテーマにしている作品です。

 

ジャンルとしては「ロマンティック・コメディ」で2006年公開のアメリカ映画になります。

 

 

視聴したきっかけ

一番のきっかけは、ケイト・ウィンスレットが出てるからでしたね。

 

タイタニックが好きで、メディアでケイトを見ると「あ、タイタニックの人だ!」という感じで出ている作品をチェックしました。

 

他の出演者であるキャメロン・ディアスジュード・ロウジャック・ブラックも有名で知っている顔だったので、作品を手に取ることに躊躇いはなかったですね。 

 

簡単なあらすじ 

舞台はイギリス・ロンドンとアメリカ・ロサンゼルス。

新聞社でコラムニストをしているアイリスとハリウッド映画の予告編制作会社を経営するアマンダがほぼ同時期に失恋したことから物語ははじまります。

 

失恋した気持ちを持て余していたアマンダは、現状打破を考えて休暇を取ることに決めます。そしてインターネットで旅先を探していたときに見つけたのが、休暇中に家や車を交換する「ホーム・エクスチェンジ」のサイトでした。

 

アマンダはそこで、イギリスの小さな村にあるかわいいコテージ――同時期に失恋して同じサイトを見ていたアイリスの家を見つけます。SNSで連絡を交わすうちに意気投合した2人は、早速お互いの家を交換することに。

 

アイリスとアマンダは家を交換した先の土地で、新しい出会いを経て失恋の傷を癒しながら新しい恋に一喜一憂していくという流れ。 

 

 見て感じたこと 

あー、恋したい。

 

見終わった感想はこれにつきました……_(:3」∠)_

 

中身のないレビューで申し訳ないですが、人とのつながりの大切さ・ありがたさや失恋の苦しさと新しい恋の葛藤を一緒になって味わえることのできる作品でしたね。

 

キャメロン・ディアスケイト・ウィンスレットはきれいでかわいいし、ジュード・ロウジャック・ブラックの優しくて愛情溢れる役どころは「惚れてまうやろー!」って感じでした。

 

最後はハッピーエンドになるところもいい!

 

やっぱり、恋はハッピーエンドじゃないとってね。 

 

おわりに

 この映画、ホリデイもAmazonのプライムビデオですぐに見られます。

Amazonプライム・ビデオ

 

今回は「ホリデイ」の映画レビューでした。

 

それでは!