気ままな放浪女子

~【腹は痛いが人生は楽しく!】がモットーの雑記ブログ~

インドア派がささやかに「夏」を楽しむ方法を考える【海ver.】

f:id:xiangnaihuil22:20180703190123j:plain

こんにちは、雪まる子です。 

今年は梅雨明けが早かった分、ジメジメムシムシした暑さを感じるのも早い気がしますねー。

 

夏といえばアクティビティなイメージがありますが、私は基本インドア派。 

積極的に「ザ☆夏!」を楽しんだ経験はないです。

 

でも近頃ふと思うのは、

 

「インドア派だからって、夏を満喫しないとかもったいなくない?」ということ。

 

 

そんなわけで、個人的にささやかに夏を楽しむ方法【海ver.】を考えてみました。

 

365日÷4=およそ91日

日本は春夏秋冬ときれいに4つの季節に分かれているのもあって、季節ごとの文化・習慣・食・遊びがあります。

 

今は地球温暖化とかで多少の気候のズレはあっても、単純計算して1つの季節を楽しめるのがおよそ91日というワケです。

 

これを長いか短いかと取るのは人それぞれ。 

ですが、各季節を積極的に楽しめば良い思い出になり感性を養うことにもつながるはず!

 

そして、その季節感を味わうのにアウトドアしなきゃいけない理由はないのです。

 

夏と言えばまず「海」でしょ!

インドア派は家が活動の中心ですからね、海にいる雰囲気を出すために部屋の模様替えをしてみるのはどうでしょう?

 

と言っても大がかりなものじゃないです。

実際に海には行かないのでブルーやホワイトといった色で部屋をまとめてみたり、マリンアイテムを置いてみる感じ。

 

部屋の模様替え以外ではおしゃれな食器類を用意して、トロピカルな色合いの飲み物やシーフード料理にチャレンジしてみるのもいいと思います。

 

海っぽい空間を作るポイントはいくつかある

基本として抑えておくべきなのは「低い目線を意識する」「ガラスなどの涼しげなインテリア」「ホワイトをベースにしてブルー系統の小物を差し色にする」などですかね。

 

とはいえ、今回は部屋の模様替えは大がかりにはやらないことを踏まえて考えます

すでに使ってるインテリアをいちいち替えるようなことはしません。いろいろともったいないので!

 

今回は完璧な海リゾート体験をしたいわけじゃなく(それだったら、実際に旅行に行く)

予算を最小限に、あくまで家の中で「海」っぽい「夏」っぽい雰囲気を楽しむことを目指します

 

いつもの定位置を中心にイメージチェンジ!

家の中でのくつろぎ場所、または一日を長く過ごす場所を海や夏っぽくするのに使えるアイテムを紹介。

100円ショップのマリンアイテム

ダイソー、キャンドゥ、セリアなどではマリン風の雑貨アイテムがたくさんあるので、チェックは必須!
 
ブルー系の柄物以外にも、お皿や深皿、コップにはクリアタイプを選ぶのも夏らしさを演出できます。
 

ラウンドタオル

本来はビーチマットやビーチタオルとして使うものですが、室内のラグマットにも使えて便利。タオルな洗濯も簡単。
 
 床に広げるだけでなく、いつもの椅子やソファ、ベッドにこれを広げても夏っぽい雰囲気を引き出してくれます。
室内のベースの色によっては、ブルー系統よりもブラックを選ぶとまとまる場合もあります。

 

アウトドアチェ

海水浴に行く人などはビーチベッドを使う人もいると思いますが、室内に置くならぜひこちらを紹介したいです。
 
リクライニングチェアーとして使うだけでなく、フラットにすればベッドになり、折りたたむことも出来る優れもの!
キャンプでも使えるのはもちろんのこと、ソファ代わりとして普段使いも出来ます。お昼寝にも最適。
 

先ほど紹介したラウンドタオルをこのチェアに敷いて座るのもおしゃれです。

 

エアプランツ

海のイメージではハワイの植物として有名なモンステラがあるといいですが、今回はエアプランツを選択!
 
なんか海とか関係ないですが、緑は欲しいので選んでみました。
 
水がいらないので手入れがしやすいのも魅力的。
100円ショップでも見かけるので、瓶に入れてテーブルを飾るのもいいですね。

 

海の映像 

インドアながら、視覚と聴覚から海を感じられるアイテム。
DVDとブルーレイがありますが、Amazonビデオでも見ることが出来ます。
 
ビコムが制作しているリラクシーズシリーズには、他にも「海がメインのハワイや沖縄」「森がメインの九州阿蘇」「日本全国の夜景の名所」「トレインビュー」「オーロラ」などがあります。

 

まとめ

個人的にささやかに夏を楽しむ方法【海ver.】として、今回はまず空間づくりを紹介しました。
 
どんな空間にしようか……とか、予算は最低限にして……とかいろいろ考えるのは楽しいですね!
 
とりあえず次回の楽しむ企画は、「夏っぽくて海の雰囲気が味わえる料理」をメインに記事を書こうかなと思います。
 
それでは!