気ままな放浪女子

~アラサーが女子を名乗りつつ人生を楽しく放浪する雑記ブログ~

「新しい仕事を始めた! 今後の成果がどうなるか見て欲しい」のでルノルマンカードに聞いてみた。 

 一口に「ルノルマンカード占い」と言っても、いくつかの占い方があります。それは占う内容だったり、深く読み込みたいかどうかでその都度変わるものですよね。  

f:id:xiangnaihuil22:20180511212744j:plain


 この記事では<ルノルマンカード「5カード(Keyあり)」での占い方><練習リーディング問題として、「新しい仕事を始めた! 今後の成果がどうなるか見て欲しい」のでルノルマンカードに聞いてみた>ことを書いていきたいと思います。

ここにあげている例題は、あくまでルノルマンカードとのおしゃべり(リーディング練習)を目的としています。 

 

ルノルマンカード「5カード(Keyあり)」での占い方。

 まずルノルマンカードのいくつかの占い方の中で、「5カード(Keyあり)」の占い方を紹介したいと思います。

 

 ※香先生著書「ザ・ルノルマンカード」を参考にしてます。

 

 

.リーディング一回につき、質問は簡潔に1つです! (2つ以上の質問を混ぜないように注意してください)この占い方は特に「これからどうなっていくか?」という質問に有効です。

.質問内容を的確に表すカードをKeyカードとして選んで真ん中に置きます。(仕事のことなら「キツネ」。健康のことなら「木」など)

3.残りはシャッフルしながら質問を思い浮かべましょう。

4.カード山の上から好きな数字の1つ前までを下に移動したら、次のカードを開いて置きます。(例:好きな数字が「5」なら、「4」枚目までをカード山の下に。「5」枚目を机に並べる)

 5カード(Keyあり)の並べ順序は以下の通り↓

f:id:xiangnaihuil22:20180511165556j:plain

  

  

Q.新しい仕事を始めた! 今後の成果がどうなるか見て欲しい。

 カードへの質問内容は上記の通り、簡潔にしています。しかし、質問内容の背景を知るためにある程度の状況の把握は必要かもしれないです。(これは相談者とのコミュニケーションによって解決出来そうですね)

 

 なお今回の質問はリーディング練習の例題のため、相談者やその周囲の背後関係は一切分からない状態でシャッフルしています。

 

 ルノルマンカードはどんな答えを出したのかとても気になりますね!

 

 では、さっそくリーディングしてみましょう。

 

 A.1枚目:Keyカード(現在) → 「キツネ」

 真ん中に置いた1枚目のカードは、質問に対しての象徴カード。相談内容及び、現在の状況を示しています。

 

 仕事のことを聞いているので提示しておくのは、「キツネ」のカードです。

 

  

2枚目:近い過去 → 「鍵」

 左から2番目に置かれた2枚目のカードは、Keyカード(現在)から「近い過去」を示しています。

 

 提示された答えは、「鍵」のカードです。

  

3枚目:過去 → 「山」

 一番左に置かれた3枚目のカードは、Keyカード(現在)から「過去」を示しています。

 

 提示された答えは、「山」のカードです。

 

 

 さて、【過去と近い過去】から問題がどのように起こったのかを読み取ります。

 

 ・過去の「山」は障害や邪魔、立ちはだかるものなどの意味があり、近い過去の「鍵」は解決策やひらめき、打開するという意味があります。

 

 近い過去は過去の延長線上にあると考えるので、単純に読むならば「障害となっていたものの解決」→「新しい仕事を始めるに至った」と読むのはどうでしょうか。

 

 仕事をテーマとして読んでいます。この障害となっていたものを明らかにするには詳しい質問内容に沿った上でのリーディングになります。(今回の質問はそこまで詳しく設定してないので割愛)

 

 ※ただ「山」のカードはほとんどの場合、一緒に出たカードの意味を打ち消すようなので質問の内容を詳しく聞くことで別の解釈にもなり得そうですね。

 

4枚目:近い未来 → 「家」

 1番右から2番目に置かれた4枚目のカードは、Keyカード(現在)から「近い未来」を示しています。

 

 提示された答えは、「家」のカードです。

  

 

5枚目:未来 → 「指輪」

 1番右に置かれた5枚目のカードは、Keyカード(現在)から「未来」を示しています。

 

 提示された答えは、「指輪」のカードです。

 

 

 次に【近い未来と未来】からこの問題の今後の流れを読み取ります。

 

 ・近い未来の「家」はプライベートや中小企業、不動産などを意味があり、未来の「指輪」は約束や協定、合意するといった意味があります。

 

 伝統的な解釈では「家」の近く(隣)に「指輪」(ポジティブカード)があると「個人的な繁栄のチャンス」となります。

 

 過去の状況は「障害となっていたものの解決」なので未来の状況は良いものになると捉えました。

 

 良い結果に近づくためのアドバイスは、「目の前に障害となるものが立ち塞がったときには、一時休んだりしてオンオフの切り換えを繰り返すことで繁栄のチャンスに恵まれる」と読んでみました。

 

 このアドバイスも質問内容を詳しく設定しているわけではないので、ちょっと無理矢理こじつけちゃいました…… 

 

 

まとめ

 ルノルマンカードへの質問に対する答えを以下のようにまとめてみました。

 

Q.新しい仕事を始めた! 今後の成果がどうなるか見て欲しい。

 

A.新しい仕事を始めるにあたって、障害となっていたものが解決した経緯があります。(この障害は、詳しい質問内容に沿ったリーディングになります。今回は割愛)

 

 今後の成果としては「個人的な繁栄のチャンス」が見込めると読みました。

 

 この良い結果に近づくためのアドバイスは、「目の前に障害となるものが立ち塞がったときには、一時休んだりしてオンオフの切り換えを繰り返すこと」。そうすることで繁栄のチャンスに恵まれます。

 

 と、カードが言っているはずだと自分なりに解釈してみました!

 

 ……うーん、ちょっとこの解釈はいまいちかな。

 

 質問の内容をより詳しくルノルマンカードに提示すれば、より的確な解答が得られたかもしれないですね。

 

 

 いかがでしたか?

 

 今回は「新しい仕事を始めた! 今後の成果がどうなるか見て欲しい」という相談をリーディング練習の題材にして、ルノルマンカードに聞いてみました。

 ときどき、質問に対してドキッと驚くようなカードが出るので楽しいですよ。

 

 ぜひ、皆さんもルノルマンカードでおしゃべり(リーディング練習)をしてみてくださいね。

 

今回使用したカードたち 


www.yukimaruko.com

www.yukimaruko.com

www.yukimaruko.com

www.yukimaruko.com

www.yukimaruko.com