気ままな放浪女子

~アラサーが女子を名乗りつつ人生を楽しく放浪する雑記ブログ~

36番「十字架」のキーワードは「試練」―― ルノルマンカード占い。

 皆さんは、「十字架」というカードにどんなイメージを抱くでしょうか?

 

f:id:xiangnaihuil22:20180312172934j:plain

 

 

 基本の占いカードに描かれているのは、黄金のロザリオ(十字架)です。緑の宝石のような装飾が施されていて、交差している部分に紐が繋がれている絵柄になります。

 

 

 このカードはどんなメッセージを伝えようとしているんでしょう?

 

 

 今回は、ルノルマンカード占いの36番「十字架」を紹介したいと思います。

 

 

  まずは基本情報から↓ 

 

<キーワード> 試練。運命。

  •  主語 → 宿命。苦痛。試練。運命。ピンチ。病気。聖職者。
  •  述語 → 運が悪い。試される。絶望する。お祈りする。
  •  修飾語 → 苦しい。悲しい。痛い。やましい。精神的に。

<分類> ネガティブカード 

<身体> 背中。身体と心に感じる苦痛。

<時期> 36日。36に関する期間。

 

 

 「十字架」が示すカードは、天からの試練とイメージ出来ますね。人の力ではどうにも出来ない力によって、自分が試されることを暗示します。それは辛く、悲しく、苦しいものです。救われて楽になるという意味にはなりません

 

 どんな種類の試練を指しているのかは、周囲のカードをよく見る必要がありますよ。

 

 残念なことに、このカードはどのカードと組み合わさってもほぼ悪い意味になってしまいます。読み解く際にはよくよく注意して、悪くなる程度を読み間違えないようにしましょう。

 

 

 ルノルマンカード占いは基本的に2枚以上の組み合わせを読み解いていきます。

 なのでひとまず「十字架」のカードは試練・運命がキーワードであることを頭に留めておくといいかもしれません。

 

 これだけでもイメージが膨らみますよね? 

 

 

 いかがでしたか?

 

 あくまで解釈の一部分ですが、今回はルノルマンカード占いの36番「十字架」について香先生著書「ザ・ルノルマンカード」を参考に、独自の視点を交えて紹介しました。

ameblo.jp

 

 占ったときにこのカードが出た際には、ぜひ上記を参考にしながら、イメージを膨らませてみてくださいね。