気ままな放浪女子 ユキマルコロク

大人な女子を目指しながら好きなことを楽しむブログ

13番「子ども」のキーワードは「新しい」―― ルノルマンカード占い。

【2019.12.9更新】

f:id:xiangnaihuil22:20180219202135j:plain

 

皆さんは、「子ども」というカードにどんなイメージを抱くでしょうか?

 

基本の占いカードに描かれているのは、貴族らしい一人の少女です。白いドレスを身にまとって、横向きに花束を持っている絵柄になります。

 

このカードはどんなメッセージを伝えようとしているんでしょう?

 

今回は、ルノルマンカード占いの13番「子ども」を紹介したいと思います。

 

 

 まずは基本情報から▽

 


 

<キーワード> 新しい。未発達。 

 

主語 子ども。新しいこと。初心。未発達。新人。
述語 成長する。芽が出る。始める。
修飾語 新たな。少しの。未熟な。初心な。

 

<分類> ポジティブカード  

<身体> 肌。子どもがかかる病気。

<時期> 13日。13週間。13ヶ月。

 


 

子ども」が示すカードのイメージは、真っさらでまだ何の経験もしていないことでしょうか。

無邪気で素直。一般的な「子ども」に対して感じることをそのまま表すことができます。

 

占う対象によって、子ども・孫・新人……などに言い換えることも出来ますね。若くて未成熟な者というのがポイントです。

 

また、このカードは少ない何か何かの始まりとも読めるので、カードの組み合わせによって読み方が変わりますよ。

 

 

ルノルマンカード占いは基本的に2枚以上の組み合わせを読み解いていきます。

 

なのでひとまず「子ども」のカードは新しい・未発達がキーワードであることを頭に留めておくといいかもしれません。

 

これだけでもイメージが膨らみますよね?

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

あくまで解釈の一部分ですが、今回はルノルマンカード占いの13番「子ども」について香先生著書「ザ・ルノルマンカード」を参考に独自の視点を交えて紹介しました。

ameblo.jp

 

占ったときにこのカードが出た際には、ぜひ上記を参考にしながら、イメージを膨らませてみてくださいね。