気ままな放浪女子

~【腹は痛いが人生は楽しく!】がモットーの雑記ブログ~

11番「鞭」のキーワードは「トラブル」―― ルノルマンカード占い。

 

 皆さんは、「」というカードにどんなイメージを抱くでしょうか?

 

f:id:xiangnaihuil22:20180216211110j:plain

 

 

 基本の占いカードに描かれているのは、二種類の鞭です。小枝を束ねたものと木の棒に革製の紐がついているものが交差されている絵柄になります。

 

 

 このカードはどんなメッセージを伝えようとしているんでしょう?

 

 

 今回は、ルノルマンカード占いの11番「鞭」を紹介したいと思います。

 

 

  まずは基本情報から↓ 

 

<キーワード> トラブル。争い。 

  •  主語 → 討論。トラブル。口論。争い。処罰。欲求。
  •  述語 → 喧嘩する。訓練する。テンションが上がる。繰り返す。
  •  修飾語 → 激しい。攻撃的な。感情的な。

<分類> ネガティブカード 

<身体> アキレス腱。筋肉。

<時期> 11日。11週間。11ヶ月。

 

 

 「」が示すカードは、というイメージが持てると思います。昔のヨーロッパでは、子どもが悪いことをしたら手のひらを教鞭で叩いて罰を与えていました。

 猛獣使いが革製の鞭を使って躾けることもそうです。その際には、感情が高ぶって罵る言葉が出るのも想像出来るはずです。その光景は口論や討論といった意味合いに繋がりますね。

 

 また、このカードは「繰り返し」も示すことから、カードの組み合わせによっては病気の再発のサインであったりもするそうですよ。

 

 

 ルノルマンカード占いは基本的に2枚以上の組み合わせを読み解いていきます。

 なのでひとまず「」のカードはトラブル・争いがキーワードであることを頭に留めておくといいかもしれません。

 

 これだけでもイメージが膨らみますよね? 

 

 

 

 いかがでしたか?

 

 あくまで解釈の一部分ですが、今回はルノルマンカード占いの11番「鞭」について香先生著書「ザ・ルノルマンカード」を参考に独自の視点を交えて紹介しました。

ameblo.jp

 

 占ったときにこのカードが出た際には、ぜひ上記を参考にしながら、イメージを膨らませてみてくださいね。