気ままな放浪女子

~好きなことや気になることを発信する雑記ブログ~

【映画レビュー】ソルト

 超個人的映画レビュー第三弾はこちら! 

 

  フィリップ・ノイスさん監督の「ソルト」です。

 

 アンジェリーナ・ジョリーさん主演で、2010年に公開されたスパイアクションものになります。 

 

 

鑑賞したきっかけ

 

 基本的にアンジェリーナ・ジョリーさんが出ている映画は間違いないだろうと思い込んで鑑賞したのがきっかけです。

 

 

 アンジェリーナさんのアクションシーンはかっこよくて見応えがありますからね! 

 

 

 それを第一に見たいという願望ありきのチョイスでした。

 

 

簡単なあらすじ 

 幼いころに旧ソ連でスパイ訓練を受け、その後アメリカに潜入しCIA諜報員として日々を過ごしていた主人公イヴリン・ソルトが、CIAにある情報を持って現れたロシア人の男を尋問するところから物語は始まります。

 

  ロシア人の男は、数日後に行われるアメリカ副大統領の葬儀に出席するロシア大統領の「暗殺計画」があること、暗殺をするためにロシアから送られてくるスパイが「イヴリン・ソルト」という名である情報を提供します。

 

 驚きながらもCIAの同僚に二重スパイの容疑をかけられたイヴリンは、身動き出来なくなることを危惧し逃走。事実、イヴリンは二重スパイでしたがロシア人の男がもたらした情報こそが、ロシア諜報部からの任務遂行の合図だったのです。

 

 とはいえ、CIAに追われつつ暗殺任務に動くイヴリンの気がかりは愛する夫の存在でした。イヴリンはスパイでありながら、一般人の夫を心の底から愛していたのです。

 

 一声だけでもと夫に連絡を取ろうとしますが繋がらず、一抹の不安に駆られたイヴリンは一度自宅へ。しかしそこに夫の姿はなく――。一度頭を切り換えて暗殺任務へと向かうことに。

 

 スパイとして超一流であるイヴリンはCIAの警戒網の中にありながら、暗殺任務をなんなく完遂。一度は捕まりますが隙を見てCIAの手を逃れると、ロシア諜報員のアジトに向かいロシアの仲間たちと合流します。

 

 歓迎の様相を見せるも、仲間たちは拘束していたイヴリンの夫を目の前で殺害。

 

 ロシア諜報員たちは長らくCIA諜報員として主に活動していたイヴリンの反応を見ることで、自分たちを裏切る可能性がないことを確かめたのでした。

 

 静かな怒りと哀しみの中で、イブリンが自分から愛する夫を奪ったすべてを消すために動くという流れ。 

 

 

見て感じたこと 

 

 イヴリンが逃亡するシーンや潜入するシーンは終始ドキドキハラハラ……!! でしたね。

 

 

 主人公は立ち位置的に敵役なのに思わず「逃げて~~!」と応援したくなるのは、イヴリンが「任務」と「愛」に葛藤する心情にうまく共感できたからでしょうか。

 

 

 内容はとても満足できるものでした。

 

 

 なお、結末は3つ用意されているので見比べてみるのも楽しいと思いますよ!

 

 

 ※ちなみに、通常のラストシーン①は続編に繋がるような終わり方でしたが今のところ続編はないようです。(残念!)

 

 

【Sponsered Link】