気ままな放浪女子

~好きなことや気になることを発信する雑記ブログ~

12番「鳥」のキーワードは「会話」―― ルノルマンカード占い。

 皆さんは、「」というカードにどんなイメージを抱くでしょうか?

 

f:id:xiangnaihuil22:20180217225108j:plain

 

 

 基本の占いカードに描かれているのは、枝に停まる複数の鳥です。二羽のふくろうが枝に並んでいる絵柄になります。(カードによっては、鳥も描かれている数も変わります

 

 

 このカードはどんなメッセージを伝えようとしているんでしょう?

 

 

 今回は、ルノルマンカード占いの12番「鳥」を紹介したいと思います。

 

 

  まずは基本情報から↓ 

 

<キーワード> 会話。交流。

  •  主語 → コミュニケーション。会話。メッセージ。通信。カップル。
  •  述語 → 伝える。おしゃべりする。議論する。
  •  修飾語 → 落ち着かない。短い間の。おしゃべりな。

<分類> ネガティブカード 

<身体> 喉。声。

<時期> 12日。12週間。12ヶ月。

 

 

 「」が示すカードは、複数羽でのさえずり=複数人でのおしゃべりという風にイメージ出来ますね。おしゃべりは世間話から噂、悪口まで多岐にわたります。

 この効果は一時的、短期的なものです。

 

 伝統的なカードの絵柄では二羽で描かれています

 そのことからカードの組み合わせによっては、「ペア」という意味にもなりますよ。

 

 

 ルノルマンカード占いは基本的に2枚以上の組み合わせを読み解いていきます。

 なのでひとまず「」のカードは会話・交流がキーワードであることを頭に留めておくといいかもしれません。

 

 これだけでもイメージが膨らみますよね?

 

 

 

 いかがでしたか?

 

 あくまで解釈の一部分ですが、今回はルノルマンカード占いの12番「鳥」について香先生著書「ザ・ルノルマンカード」を参考に独自の視点を交えて紹介しました。

ameblo.jp

 

 占ったときにこのカードが出た際には、ぜひ上記を参考にしながら、イメージを膨らませてみてくださいね。 

【Sponsered Link】