気ままな放浪女子

~好きなことや気になることを発信する雑記ブログ~

【膨らまない】シュークリームが失敗する5つの原因

 皆さん、「シュークリーム」を作ったことってありますか?

 

     f:id:xiangnaihuil22:20180116165125j:plain

 

 「シュークリーム」は難しそうだから作ったことない、という方も多いと思います。

 

 ですが、逆に作ったことがある方は、「どうしても膨らまなくて上手く作れなかった」とか「この前は上手く出来たのに今回は失敗しちゃった」っていう経験があるんじゃないでしょうか。

 

 今回は、そんな「シュークリーム」が失敗してしまう5つの原因を紹介したいと思います。

  

 

 基本のレシピ(約10個分 直径3~4cm)

 ・薄力粉 60g

 ・バター 45g

 ・全卵  2個

 ・水   70~90g

  

その1 卵とバターは常温に

 シュー生地を作るためには、温度が重要になります。

 

 生地が冷たくなって膨らまずに硬くなってしまうのを避けるために、卵は常温に戻しましょう。バターも同じです。

 

 

その2 しっかり沸騰させる

 鍋に水とバターを入れて完全に溶かしたら、ボコボコとしっかり沸騰させます。

 

 これは薄力粉を入れたときにダマになるのを防ぐためです。なお、粉を加えるときには火を止めてからが必須です。

  

 

その3 練り方が足りない

 沸騰させた(水+バター)の鍋に、薄力粉を入れてひとかたまりにしたら弱火にかけてしっかりと練り混ぜます。

 

 鍋に広げるようにして生地から水分を飛ばし、鍋底に薄い膜が出来たら練りは完了です。

 

 

その4 生地が冷めないように手早く混ぜる

 常温にしておいた卵を数回に分けて、練った生地と合わせましょう。

 

 卵が鍋や生地の熱で固まってしまわないように、手早く混ぜ合わせます。

 

 生地は温かく、なめらかでツヤがあり、持ち上げた木べらから生地がゆっくり落ちる状態が完了の目安です。

 

 

その5 乾燥を防ぐ

 出来上がったシュー生地は乾燥に敏感です。

 

 手早く天板に絞り袋で絞って並べたら、霧吹きで水をかけ温めていたオーブンですぐに焼きましょう。

 

 オーブンは200°で15分、180°で20分焼いたらすぐに取り出さずに、余熱で5~10分置いておきます。

 萎んでしまうので、焼き上がってもすぐオーブンを開けてしまうのはNGです!

 

 

まとめ

 いかがでしたか?

 

 今回は、「シュークリーム」が失敗する原因を5つ紹介しました。これで、「シュークリーム」を作る際には注意して作業することが出来ますね。

 

 「シュークリーム」を作ったことがない方も、これを参考にぜひ試してみてください。

 

シュークリームのレシピがのってるサイトを紹介

matome.naver.jp

matome.naver.jp

 

 

 

【Sponsered Link】